電解コンデンサーとは?

電解コンデンサーというのは略称で正式にはアルミ電解コンデンサーです。

電解コンデンサーはケミコンとかケミカルコンデンサーと呼ばれることもあります。これは英語名がchemical condenser あるいはchemical capacitorであることに由来しています。

電解コンデンサーは極性と耐圧が決められており、極性はパッケージにマイナス極が印字されています。電解コンデンサーは円筒形のパッケージに2本のリード線がついたスルーホールに実装するタイプと表面実装することができるタイプのものがあります。

電解コンデンサーは誘電体として酸化膜を使用しており、電極としてアルミニウムを使用しています。電解コンデンサーは電極を円筒状に巻くことによって表面積を非常に大きくとれるため1μFくらいから大きいものは数万μFとコンデンサの体積の割には非常に大きな容量が得られるのが特徴です。電解コンデンサーは誘電体に電解液を使用しており寿命があまり長くないのも電解コンデンサーの特徴です。

耐電圧は他のセラミックコンデンサーや積層セラミックコンデンサー(セラコン)マイカコンデンサーに比べると低くなっています。極性を間違えて接続したり、耐電圧を超えた電圧を印加するのは破損の危険性があり、破損の際には爆発を伴いますので非常に危険です。電解コンデンサーの極性、耐電圧には充分に注意しましょう。

オイルコンデンサー

電解コンデンサーの極性について

電解コンデンサーの用途

電解コンデンサー以外のコンデンサー

電解コンデンサーについて知りたいこと

コンデンサーについて知りたいこと

関連サイト

電解コンデンサー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。