進相コンデンサー

進相コンデンサーとは誘導電動機・溶接機・電気炉などを運転するときに起きる力率が低下、電圧降下、電力損失を改善するためにもちいられるコンデンサのことである。

進相コンデンサーによる力率改善により変圧器やケーブルの容量を小さく設計することができるようになります。

また進相コンデンサーによって受電力率が改善され、力率が85%を上回ると基本料金の割引が受けられます。

進相コンデンサーはニチコン、松下電器産業、三菱電機、日新電機などから販売されています。

低圧進相コンデンサ設備は低圧進相コンデンサーと直列リアクトルとが一体化して提供されることが多いです。

高圧進相コンデンサーにはポリプロピレンフィルムが採用されることがあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。